blog

どんなサイト構成がいい?(医療・病院編)

幅広い年齢層の方が訪れる医療・病院では誰もが使いやすくわかりやすい情報設計がおすすめです。特に総合病院の場合は視力の弱い人や高齢者、色の見え方が一般の人と異なる人でも内容を理解できるつくりを心掛けましょう。

・バリアフリーなつくりにする
・アイコンを使って内容を分かりやすく表示する
・親しみやすく温かい雰囲気をイラストで表現する
・働いている人が見えるつくりにする
・ユーザーが必要な情報をまとめて設置する

これらはサイトを利用するであろう患者や家族、医療従事者、新卒・中途採用希望者などを想定したつくりです。またアイコンなどを使用することで年齢や国籍を超えて直感的に内容を把握することができますし、親しみや温かみのある雰囲気で病院のイメージアップにつながります。また働いている人が見えてくると親近感が湧きますのでブログを利用するなどの工夫ができます。そして、必要な情報がファーストビューで分かるように設計することで訪問者が迷わず必要な情報を獲得できます。

万人向けのサイトをつくる場合は、訪問者の情報や行動を重視した構成にすることを心掛けましょう。

 

福岡のホームページ制作・各種デザイン|Planart(プラナート)
https://planart.co.jp/