blog

黄を基調とした配色

黄色は一番彩度が高い色です。誘目性と視認性が高いため、注意を即す色として使用されることが多いものです。

  • 黄色と黒色の組み合わせで誘目性を高める
    この2色の組み合わせは最も目立つ色のため、注意を即す警戒標識や公共の看板に使用されることが多くあります。
  • 黄色の対象色である紫と組み合わせる
    人の感情を高揚させる暖色系と対象色の紫を組み合わせることによってオリエンタルな雰囲気を作り出すことができます。
  • 子供の活発さと躍動感を表す
    ビビットカラーの黄色を使用することで活発さと躍動感を表現することができます。
  • 明るいトーンの黄色を使って爽やかで健康的な印象にする
    明度の高いライトトーンやブライトトーンを使用することで爽やかで健康的な印象を与えることができます。
  • 写真の中にブランドカラーを入れる
    ブランドロゴから配色を設計するパターンと写真から色を選んでデザインに反映させて行くパターンどちらもあり、写真の中のメインカラーをサイトに反映させると統一感を出すことができます。

黄色には「明るい、活発、幸福、躍動、希望」といったボジティブなイメージの反面、「臆病、裏切り、幼稚」といったネガティブなイメージもあります。連想できるものは「太陽、ビタミン、ひまわり、重機、電気」といったものです。何を訴えたいサイトなのかを検討した上で最適な色を選ぶように心がけましょう。

 

福岡のホームページ制作・各種デザイン|Planart(プラナート)
https://planart.co.jp/