blog

橙(オレンジ)を基調とした配色

橙(オレンジ)は会話やコミュニケーションを促進する色で、鮮やかでフレンドリーな印象を与えます。

  • 親しみと距離を近づける色
    学校や採用サイト、コミュニティーサイトなどに使用されることが多くあります。
  • 橙(オレンジ)と黄、赤で秋をイメージ
    全体的に快活な雰囲気のサイトづくりができます。また目立たせたい部分には補色である青系にすると目立たせることができます。
  • 食品関係では王道
    赤と同じように食欲を増進させる効果があります。
  • 子供らしさと家庭的な雰囲気を出す
    女性らしさや子供らしさを表現することができます。
  • クールな印象にする
    橙(オレンジ)と黒を組み合わせる場合は誘目性を高める効果があります。また橙(オレンジ)は白を目立たせる効果もあります。

橙(オレンジ)はボジティブなイメージでは「親しみ、陽気、家庭、自由」、ネガティブなイメージでは「わがまま、騒々しい、軽薄」といった意味合いがあります。よく「夕焼け、秋、人参、みかん、かぼちゃ」のイメージに使われることがあり、食用を促進する色合いとも言えます。

 

福岡のホームページ制作・各種デザイン|Planart(プラナート)
https://planart.co.jp/