blog

ピンクを基調とした配色

ピンクは気持ちを優しく穏やかにする色です。また女性ホルモンの分泌を即す作用があると言われており、女性をターゲットにしたデザインに最適です。

  • 女性に好まれるピンク
    ピンクは女性ホルモンの分泌を即す働きがあると言われていることから、女性をターゲットにした広告によく使用されています。
  • 優しさと穏やかさのピンク
    白とピンクを組み合わせることで優しさや柔らかさを出すことができます。
  • インパクトのあるピンク
    彩度の高いショッキングピンクを使用することで派手さを演出することができます。
  • 上品なピンク
    ピンクとゴールドを組み合わせることで上品な雰囲気を出すことができ、女性雑誌などにもよく使用されています。
  • おしゃれなピンク
    黒とピンクを組み合わせることでおしゃれでファッショナブルな印象を与えることができます。

ポジティブなイメージだと「可愛い、ロマンス、若い」、ネガティブなイメージだと「幼稚、繊細、弱い」となり、連想されるものは「桜、コスモス、口紅、女性、化粧品」などが挙げられます。ピンクは女性を連想させる色ですが、色の使い方によって様々な表現ができる色です。ユーザーにどのようなイメージを持たせたいのか明確にして最適な色を選びましょう。

 

福岡のホームページ制作・各種デザイン|Planart(プラナート)
https://planart.co.jp/