blog

ホームページとサブスクリプション

プラナート代表の松木です。最近はCMでも耳にするようになってきた「サブスクリプション」という言葉ですが、巷では「サブスク、サブスク」と呼ばれていますよね。では、一体サブスクリプションとはどのようなものなのでしょうか。

インターネットで「サブスクリプション とは」で調べてみると、はじめに以下のように出てきます。

【サブスクリプション方式】

サブスクリプション方式はビジネスモデルの1つ。商品ごとに購入金額を支払うのではなく一定期間の利用権として料金を支払う方式。契約期間中は定められた商品を自由に利用できるが期間がすぎれば利用できなくなるのが一般的である。コンピュータのソフトウェアの利用形態として採用されることも多い。「サブスク」とも略される。 ウィキペディア

これはウィキペディアが解説しているものですので、誰かが記載してくれたものなのでしょう。私も同じ認識です。自分の気になるサービスがサブスク方式でしたらうまく利用すればお得に利用できるかもしれませんね。では、定額制でサービスを利用できることはわかりましたが、メリットとデメリットはどういったことなのでしょうか?以下にまとめましたのでご参照ください。

【メリット】

・初期費用を抑えられる
・定額の支払いなので追加の維持費がかからない
・動画、音楽系のサービスの利用ならネット上で見ることができるのでCDやDVDなどの収納場所に困らない
・自分が興味あるのもを気軽にはじめることができる

【デメリット】

・利用料金の長く支払い続けると支払いが長く続くためコストが高くなる可能性がある
・利用期間中に1回も使わなくても利用料金は発生する
・サービスの提供企業が倒産した場合、サービスを利用できなくなる

このように、サブスクリプションにはメリットとデメリットがあり、しっかり利用方法を検討しないと損してしまう可能性があります。手軽に始められる故に、「契約したけどそのまま放置」なんてことのないように注意したいものですね。

ここまで読んでいて「あれ?それならリースやレンタルでもいいのでは?」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか?実際、私も気になりましたので調べてみました。すると、以下のように書いてありました。

【リース】

長期に渡って商品を借りるサービスです。対象商品は高額である場合が多く、リース会社との契約となります。仕組みはリース会社が商品を購入し、その商品をリース契約を結んで長期に渡って月額制で借ります。そのため、リース契約が満了となっても商品自体を手に入れることはできず、その商品を引き続き利用したい場合は、再度リース契約を結ばなければなりません。また中途解約となると違約金が発生する場合もあります。

【レンタル】

短期で商品を借りるサービスです。貸し出し期間は短いもので30分〜1時間程度のものもあります。返済期間を過ぎてしまうと追加料金が必要になる場合が多いので注意が必要です。またリースとは違い、違約金が発生することはありませんので安心です。

商品を借りるだけで沢山の方法があることがわかりました。これらのサービスをうまく利用すれば生活環境を整えて、快適な暮らしが送れるかもしれませんね。

ちなみに最近ではホームページもサブスクリプション方式で販売している業者さんもいるみたいです。ホームページもしっかり作り上げると高額商品となってしまいますので、サブスクリプション方式(制作費、サーバー代、ドメイン代込み)でホームページのご購入を検討されるのもありかもしれませんね。プラナートでも近いサービスはご用意していますが、ホームページをしっかり作りたいなら、多少お金がかかったとしてもしっかりとしたホームページを作るべきだと思います。『安物買いの銭失い』ではありませんが、せっかく作るものですので後悔しないようにしましょう。

もし資金に余裕はないが、ホームページはお店のブランディングに必要と考えている方は一度ご相談ください。低料金でもやり方次第で質の良いホームページを作ることも可能ですし、今後の展開を考え、ホームページのリニューアル時期まで考えたご提案をさせていただきます。

今日の福岡は雨が降っていますが一日を楽しく過ごしていきましょう。

福岡のホームページ制作・各種デザイン・店舗工事|株式会社プラナート
https://planart.co.jp/